震災前の仙台市東部の風景

2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震。そして地震によって発生した津波により甚大な被害を受けた、

仙台市はじめ太平洋に面する沿岸各地。ややセンセーショナルな報道によって、

津波が襲った瞬間やその後の光景が繰り返し繰り返し私たちに見せられている。

しかし、この地域にも以前は長閑な田園風景や漁村の風景が広がっていたのは想像に難くない。

このページでは、2009年10月に撮影した仙台市東部の風景を掲載する。いつかこの風景のような平和な日常がこの地に戻ることを願って。

 

最初に掲載するのは、仙台東部道路より少し海側の若林区藤田東周辺である。

なお、同じような画像が何枚もあるが多くは別の場所で撮影しており、それがこの地区本来の姿である。そのためこのページでは画像ごとに文章をつけることはしない。


大きな地図で見る

 

Next

inserted by FC2 system