トップページ>風景>岩泉の町  トップページ>鉄道>特集>岩泉線>岩泉の町

岩泉の町

岩泉駅前から、岩泉町のメインストリートといえる国道455号線まで、岩手県道221号線沿いの風景を紹介する。

 

 

岩泉駅には、岩泉線開開通当時の運輸大臣が筆を揮ったと思われる碑がある。         岩泉駅のバス停。本数は少ないが、思ったよりは多かった。

 

駅前にある、岩泉町周辺の観光案内図。大分色褪せてしまっている。

 

駅前広場の一角には、消防署が置かれている。

 

消防署と反対側。まだ雪の塊が融けずに残っている。

 

駅を出て国道方面に少し歩くと、こんな店がある。岩泉の町では目立つ建物だと思う。

 

先程の店の直ぐ先にはタクシーの営業所がある。そこに岩泉町営バスが止まっていた。トップドアのリエッセだ。タクシー会社所有のようで、白ナンバーではない。

 

タクシーの営業所を過ぎると、小本川を渡る比較的長い橋がある。岩手県道221号線は岩泉停車場線といい、橋を渡った先の信号がもう終点(正式には起点)だ。

 

 続く  

inserted by FC2 system